Menu
Menu
カスタマーサポート:0120-101-925
ショッピングカート

OFTの猫砂ラインナップに悩んだら

近年、市場では沢山の種類の猫砂が出回っていて、飼い主さんの中でも猫砂選びが一苦労な方も多いのではないでしょうか?

オーエフティーでも同様に、様々な猫砂を販売しています。

そこで、今回は『決められない』方へ、当社で販売している猫砂の特徴について、迷った時の判断基準をふまえて解説していきたいと思います。




 

不動のNo.1 セリームバイオサンド

セリームバイオサンド 猫砂
セリームバイオサンド/グリーン(¥337/kg)

セリームバイオサンド/グリーンは、常に販売数トップを誇る不動の人気の猫砂です。

最高級の自然鉱物ベントナイトを使用し、脱臭性、吸収力、凝固性も高く全自動トイレでも使用可能です。

さらに、コストパフォーマンスも良く経済的で、まさにトータルバランスの取れた申し分のないほど優秀な微香タイプの猫砂です。

その他、パウダーが配合され砂の粒がきめ細かくオシッコが平らに広がりトイレを汚さないセリームバイオサンド/ホワイト(¥271/kg)、固まるタイプの中で一番粒子が大きく掃除しやすいセリームバイオサンド/ローザ(¥301/kg)があります。

 

優越した脱臭力を誇るBOXIE CAT

BOXIECAT 猫砂
BOXIE CAT PRO ブラック(¥507/kg) その他BOXIECATシリーズ(¥533/kg)

BOXIE CATシリーズは、消臭力に特化した猫砂です。排泄物が砂の上で瞬時に固まり、取り逃がしがないのでニオイが広がるのも抑えてくれます。 化学薬品を一切使用しないアメリカ産ベントナイトが使われていて、部屋汚れや猫ちゃんが吸い込むことにより病気の原因となる微粉塵も99.9%カット

BOXIECATオレンジとブラックは、砂の粒を有益菌(微生物)でコーティングすることで、瞬時に排泄物のニオイの原因となるバクテリアとアンモニア臭を逃さず封じ込み、ニオイを元から断ってくれます。


詳しくはこちら
獣医推奨の猫砂「BOXIECAT」の選び方


 

業界最高の凝固力 サスティナブリーユアーズ

サスティナブリーユアーズ
サスティナブリーユアーズ(¥573/kg)

サスティナブリーユアーズは、『キャッサバ』と『とうもろこし』から作られた珍しい天然素材の猫砂で、化学薬品、着色料、香料も一切使用せず、自然の穀物本来の香りがほのかにします。

凝固力が非常に高く、水分に反応して素早く吸収、がっちりと固まり、スコップですくってもボロボロと崩れることはありません。

なかなか固まり具合や消臭力の良い猫砂に出会えないと悩まれている方に、自信をもってオススメする製品です。肌触りのよいさらさらのキメ細かい砂は、肉球が敏感な猫ちゃんにもぴったりですよ。



 

ヨーロッパ発!フレグランス系猫砂VAN CAT

フレグランス系猫砂


VAN CATシリーズ(¥345/kg)

猫砂市場には珍しい、フレグランスにこだわったトルコ産鉱物系の猫砂です。

日常的にフレグランスを取り入れるフランスなど、厳しいヨーロッパ市場で流通し、品質も高く評価されています。

厳選された香りは、マルセイユソープ、オレンジ、アロエベラ、フレッシュ、ラベンダー、ベビーパウダー、パイン(マツ科)、バニラの8種類。排泄物で濡れるとほのかに漂う香りで、お部屋が爽やかになります。

フレグランスが好きなオーナー様にピッタリの猫砂です。お好きな香りを見つけて下さい♪

鉱物系なので、凝固力もあり、コストパフォーマンスも高いので経済的なのも人気の理由の1つです。



 

おから系 飛び散り知らずの猫砂PULFINO

おから系猫砂 パルフィノ
PULFINO(パルフィノ)シリーズ(¥820/kg)


オーエフティー唯一のおから系猫砂です。香料・着色料も植物から抽出した原料のみを使用しているので、猫ちゃんが誤って口に含んでしまっても安心です。
※食品ではありませんので、猫が大量に食べてしまわないように注意して下さい。

凝固力はもちろんのこと、飛び散りにくく粉が舞わないペレットタイプなので、お掃除も簡単です。

従来のペレットタイプより粒は小さくなるので、近年急増しているCIRCLE0(サークルゼロ)やLavvie Bot S(ラビィボット S)などの自動猫トイレにも使用できます。

お値段は他の猫砂と比べてやや高めにはなりますが、その分凝固力にたけていて、余分な猫砂を巻き込まずに小さく固まります。消費は少なく、長持ちするため、決して費用対効果は悪くないのです。

普段おから系猫砂を使われている飼い主さんは、ぜひ一度お試し下さい。違いがわかりますよ♪

猫ちゃんに合った猫砂選び

猫砂選びは、実際使用する猫ちゃんや、それをお掃除する飼い主さんの希望や好みが一致するのが1番です。もちろん日々消費する物なのでコストパフォーマンスも大事でしょう。

ぴったり合った猫砂に出会えるまで、色々試してみて下さいね。

 



      

▼ この記事を書いたのは ▼

古い投稿 新しい投稿