Menu
Menu
カスタマーサポート:0120-101-925
ショッピングカート

マンションでペットと快適に過ごすために知っておきたいポイントとは?

室内飼育 猫

ひと昔前までは、番犬として外で過ごしていたワンちゃんや、家の中と外を自由に行き来していた猫ちゃんですが、近年では共に室内で飼育する人が大半を占めるようになりました。

マンションでペットを飼育されている方も今は少なくありません。

最近では、ペット可マンションだけでなく、人もペットも快適に暮らせるように考えて造られたペットコンセプトマンションが建てられるほど飼育環境は激変しています。

需要が高まるペットコンセプトマンションとは?またペットとの共同生活で注意する点について確認していきましょう。

ペット共用設備とは

マンション 犬用足洗い場
▲一般的なペット用足洗い場

ペットコンセプトマンションの特徴としては、マンション自体がペットと暮らすことを前提に造られているため設備が充実しているところです。

それぞれのマンションによっては異なりますが、一般的には
• 足洗い場
• グルーミングルーム
• ドッグラン
• 汚物ダスト
• リードフック
があり、まさにペットの飼い主さんにとって痒い所に手が届くような配慮がなされています。

また、ドッグランはペットの運動だけでなく、飼い主さん同士の情報交換の場としても利用できるのも嬉しいですよね。

共有部だけでなく、各部屋にも足腰に負担がかからない床材を使用していたり、脱臭機能が備わっていたりとペット目線で考えられて設計されているからこそ快適に暮らせるのです。


マンションの管理規約

ペット飼育許可証

ペットと共にマンションで生活する場合に必ず確認しておきたいことが、マンションの管理規約です。

規約によっては、飼育可能な種類、飼育頭数や大きさの制限など様々です。後々になってトラブルにならないよう、不明な点は必ずオーナーさんや管理会社に事前に確認をしておきましょう。

また、規約が変更された場合もしっかり目を通すことが大切です。

自己判断は、規約違反になるだけでなく近隣の住人からの信用も失いかねません。災害時の避難経路の確保など、いざという時に必要となるため、あらかじめ正しく申請する義務があります。

ペットでのよくあるトラブル

ペットトラブル 鳴き声

いくらペット可マンションとはいえペットと自由に住んで良いということではなく、住民全員が気持ちよく住めるよう守るべきルールがあります。

ペット可マンションには、ペットを飼っている方もいない方も一緒に生活をしているため、お互いの気持ちを理解し合うことが大切です。

よくある近隣トラブルとして
• 鳴き声などの騒音
• 共有部での排泄やノーリード
• ニオイ
• ペット飼育者の規約違反
などです。

特に犬を飼育していない方にとっては、長時間に渡る鳴き声には耐えがたいものがあります。ほんの少しの配慮で未然に防ぐことができるトラブルから、ワンちゃんの躾やトレーニングが必要なものまで様々です。

ペットも大切な家族、パートナーだからこそ、飼い主さんもモラルやルールを守って、住みやすい環境を作ってあげたいですね。

住まいの工夫

室内飼育 ストレス解消法

ペットと共にマンションで暮らす方が増えている今、限られた空間でも快適に過ごせるよう室内の工夫が重要になってきます。

ペット達や飼い主さんが楽しく暮らせるために、見直したいポイントとはどのようなものでしょうか。

■安全対策
フローリングの場合、ペットが滑ってケガをしてしまう可能性があるため、床材を滑らない素材にかえてみるのも良いでしょう。カーペットやラグを敷くだけでも随分変わってきます♪

また、ベランダの行き来を自由にする子には、脱走防止や落下防止対策も必要になります。ペットが通れそうな隙間をなくし、柵やネットで囲ってあげましょう。ベランダ用の落下防止ネットも、簡単に購入できますので是非活用してみて下さいね。

ただし、ジャンプ力のある猫ちゃんやワンちゃんですと、飛び越えてしまう危険もあるため、ベランダ自体に出さないことも考慮しましょう。

■ストレス対策
犬・猫どちらの場合でも一人で落ち着けるプライベート空間を確保してあげましょう。

運動不足にならないよう立体的な動きができるよう工夫し、猫ちゃんの場合は特に上下運動ができるキャットタワーなどの用意も必要です。

また、トイレや寝床は出入りが激しいと落ち着かずストレスの原因ともなりますので、設置場所も気にかけてあげて下さいね。

■その他
悪臭が部屋に充満しないよう、こまめに換気を行いましょう。

また、ニオイだけでなく、湿度によって病気になってしまうこともあるため通気・換気は良くしておいてください。

ニオイや足音などの騒音によってトラブルが発生する場合もあります。カーペットやラグ、また空気清浄機等を活用してみましょう。


キャットタワー マンション

少子化や高齢化、また単身世帯が増えたことに比例してか、東京都を中心に全国でも年々マンション化率も高くなっています。

マンションは狭いから...とペットと過ごすのに不便だと感じる方もいるかもしれません。しかし、工夫次第では快適に過ごすことができます。

モラルやマナーをしっかり守って、可愛いペット達と素敵な共同生活を楽しみましょう♪



▼ この記事を書いたのは ▼



古い投稿 新しい投稿